Inatagram
YouTube
LINE
TWITTER
体験会
資料請求
アクセス

最近ご飯がむせる~言語聴覚士が必要な理由~

年齢も気が付けば40代になりました。

本日から12月ですが、夏に起きた出来事をお話ししますね。

真夏のある日、汗もかき、水分を摂ろうとペットボトルを手に取り、ゴクゴク・・・ゴホゴホ!!

急にたくさんの水分を入れようとして、喉の動きが追い付かず。。むせました。

私も加齢が始まってると思った瞬間でした。。

喉の動きや食べるために使う、舌とか唇、顎などは年齢を重ねるたびに衰えます。

では、何歳から衰えていくでしょうか?

地域のご高齢者様や学生さんによく質問をします。

60歳からですか?いや、もっと早いでしょう。えー、いついつ。

40歳かな・・・。などたくさんの意見が上がります。

正解は・・・30歳からなんです!  えー意外!(よくある声)

自分の身体と心の不一致が起きやすくなるのが30歳からです。

まだまだ、若い者に負けないぞ!と思っているだけで、運動などを20代の方と競争してみると、歴然とした差が・・・

気が付かないけど、考えてみれば身体が動きにくくなってますよね。

喉や食べるために使う口や舌、顎なども身体なんです。

いつまでも美味しく食べたい!誰もが願うことです。

だって、ご飯はおいしいものですから。

でも、それが満足に食べれなくなることがあります。

原因として、加齢による影響もあります。脳の障害もあります・・・

考えたことありますか?当たり前に食べていたことが、急に食べにくくなる。食べられなくなることを。

きっとないですよね。だって、食べられることが当たり前になってますから。

でも、世の中(日本)には満足に食べれない方が何百万人以上いらっしゃいます。

何とかしたい。食べられるようなってほしい。

でも、その知識はだれが持っているか。

そうです。言語聴覚士です。

我々が、そのような方たちのリハビリを行っています。

現在、言語聴覚士は40,000人近くいます。

では、食べることができない方々は?何百万人いらっしゃいます。

圧倒的に、リハビリする人がいない。

これが実情です。

人間の3代欲求である。「食」

この「食」を支えることができる。人を笑顔にすることができる。

言語聴覚士になりませんか。

岩戸 徹(理学療法学科教員)
理学療法士の仕事

サッカー同様、年末年始、高校ではラグビーの全国大会が行われる。 東大阪市にある花園ラグビー場で開催さ …

山﨑 暁(言語聴覚学科教員)
田中美郷教育研究所に取材に行ってきました~

田中美郷教育研究所は、小児難聴や言語発達等を支援する民間の教育・療育機関です。 所長の田中美郷先生は …

未分類
言語聴覚士に関するお勧め映画のご紹介!

皆さんこんにちは。 本日は言語聴覚士が出てくる映画かつ、Amazonプライム会員であれば追加料金なし …