コロナ感染対策を行って…

教職員から

ここ半月ほど、皆さんの生活はガラッと一変し、すごくストレスを感じる毎日を過ごしているのではないでしょうか?

そんな日々のなか、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出に慎重にならざるをえない状況ではありましたが、感染対策をしっかりした上で10月下旬、1泊2日の箱根旅行へ行ってきたので、少しばかりお話しさせていただければと思います!

1日目は大涌谷と芦ノ湖へ。

大涌谷の標高は1044m。

大涌谷に行くには最高の天気の中、空飛ぶゴンドラに乗車!

絶景で何とも幻想的なのですが…高いところはやっぱり怖いですね。

あちこちから硫化水素を含む噴煙が上がる大涌谷は、約3千年前に箱根火山最後の水蒸気爆発を起こした爆裂火口。煙がモクモク立ち上っていて、大迫力!

硫黄の匂いが漂い、地面も黄色くなっており、岩石は粘土化し赤茶けた山肌、立ち枯れた木々と…まさしく地獄谷ですね。自然の力でこんな姿になるなんて、なんだか不思議な気持ちになります。

大涌谷について学びつつ、ココでしか買えない、一つ食べると7年寿命が延びるという名物の黒たまごを購入。

温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着し、これに硫化水素が反応することで硫化鉄(黒色)となり、真っ黒な殻になるそうですよ。 皆さん、知っていましたか?また一つ、学んだところで次の場所へ移動です!

ロープウェイを乗り継ぎ、芦ノ湖のある桃源台まで行き、箱根の定番、海賊船に乗船。船のゆっくりとしたスピードで、ゆっくり流れる景色を見ていると、心が癒されます。途中で箱根神社の鳥居が見えてくると、優雅な時間も終わりに…箱根町港で下船しないと。

箱根神社のある元箱根港に行きたかったのですが、時間帯の問題で行けず…残念!次の機会に行くことに決定です。また箱根には海賊船の他に芦ノ湖遊覧船もあるそうなので今度はそちらにも乗船してみたいですね。

湯宿のある強羅までくねくね道を箱根登山バスで向かいます。

宿の門をくぐったとたん喧騒から離れ、和の別世界が広がり…。コイ(鯉)が優雅に泳いでいたりと…すごい!

強羅温泉は「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」で、関節痛、健康、疲労回復の効果があるそうなので、じっくり浸かって日々の疲れを癒そうと思います!

内風呂の檜の香りに癒されながら、体はもちろん心までポカポカ。檜風呂の魅力は、その香りと木の温かみを感じられほっこりするところかな?!湯船から顔をあげると、風が心地良い!温泉露天風呂付の部屋だったので、好きな時に好きなだけ入れるのも嬉しいですね。(ちなみに3回も入ってしまいました!)

心ゆくまでのんびりと過ごし、贅沢しすぎてしまいました。

2日目はガラスの森美術館と仙石原高原へ。

「箱根ガラスの森美術館」は、庭園が美しいヴェネチアン・グラス専門の美術館で今回の旅行で一番、楽しみにしていた場所です。

美術館入口前には、このキラキラな木!よく見ると、針金の木にミラーガラスの粒が…風に揺られてキラキラしまくりです。すごくきれい!

さらにすごいのは、園内のキラキラっぷり。入口から庭園に入ると、まるで別世界!おとぎ話に出てくる世界のような美しさです。

広大な景色と山に圧倒されますよね!大涌谷の湯気もチラリと見え、インスタ映え間違いなし!

美術館の入口から庭を通り、ヴェネチアン・グラス美術館へ続く橋にかけられたクリスタル・ガラスのアーチの「光の回廊」!

約16万粒のクリスタル・ガラスのアーチは、光にあたってキラキラし…風にゆれて、様々な表情を見せてくれます。とてもきれいですね!

そしてガラスのアーチのバックにはもくもくと湯気が上がっている大涌谷が。この景色が見渡せるのはガラスの森だけ(らしいです)!

庭園は写真を撮りたいスポットでいっぱい。

屋外にある『ROSE GARDEN』(バラの庭園)には色とりどりのガラスのバラがたくさん。オレンジ色と水色のバラがお気に入りです。これもヴェネチアングラスで作られていて、とても綺麗でした!また、箱根・仙石原の秋の風物詩である「ススキ」をモチーフにしたオブジェもありました。秋空の下で七色に咲き誇って輝いている1株に約100粒の『クリスタル・ガラスのススキ』と仙石原高原のススキの競演はとても素敵な光景です。

久しぶりに美術館を訪れ、綺麗な作品をたくさん見ることができてよかったです。ずっといたいと思えるほどの素敵な場所で癒しの時間を過ごすことができました。

箱根には美術館が多くありますが、「箱根ガラスの森美術館」が個人的に一番のオススメです!ぜひ箱根に行くときは訪れてみてください!きっと楽しめること間違いなしです。

仙石原のすすき草原は見頃をむかえていて、風に揺れるススキが秋を感じさせてくれました。日の光を透かしてキラキラと一面黄金色に輝く光景は幻想的でとってもきれいです。 この絶景を見て、日々の疲れが癒されましたよ!

今回、コロナウィルスの中ではありましたが、マスクを着用しこまめな手洗い・消毒を行う、ソーシャルディスタンスをきちんととる、食事中や公共交通機関での移動中は会話を減らす、旅先ではっちゃけて飲み食いをしない、など感染症対策をしっかり行いながら、1泊2日の箱根旅行をのんびり過ごすことができました。

しかし新型コロナウイルス感染症を自分自身が拡散してしまわないか、やはり不安な気持ちを拭いきることができず、今までのような旅行を楽しむのは難しいなと感じました。

これからも感染への怖さを拭いきることはできないですが、普段から感染症対策をしっかりし、少しでも安心に過ごせるよう工夫していければと思います。

また新型コロナウイルス感染が再拡大してきています。コロナウィルスがはやく終息してくれることを願いつつ…皆さんも体調管理にお気をつけくださいね。

なんと、バス乗り間違えて3回も同じ場所に行ってしまうなど!実はハプニングもいっぱいありました。朝食は玉手箱のような器に食べきれない量!それにプラスしてご飯とお味噌汁まで!!夕食時間の1時間前に黒たまごを2個半!もちろん夕食はメインにもかかわらず、お腹いっぱいな状態…。ゴムのような食べ物は…。あれは何だったのか…。噛み切れず結局食べられませんでした。

未分類
2021年度入学式

2021年4月1日(木)多摩リハビリテーション学院専門学校入学式が行われ、 暖かな春風とともに202 …

未分類
令和2年度、最後の体験会の様子

こんにちは 理学療法学科の教員の西井です。 3月13日に今年度最後の体験会が行われました 理学療法学 …

山﨑 暁(言語聴覚学科教員)
国家試験合格に向けてラストスパート!

寒さが本格的になってきましたね。 12月は師走とも言って、語源は「師匠が慌ただしく走り回るほど忙しい …