言語聴覚学科

Speech-Language-Hearing Therapy

専門実践教育訓練給付金制度認定学科

人とのコミュニケーションを支援する

目標とする資格 言語聴覚士(国家試験受験資格)

昼間/2年課程
定員:40名(1学年)
大卒者(見込み含)対象※学部・学科は問いません

学科目標


カリキュラム

1年次
基礎知識を学ぶ

学年目標

  • 対象者と良好な関係を築くために必要なコミュニケーション態度・技術を身につける
  • 自己の問題点を客観的に認識できる
  • 言語聴覚士が対象とする基本的な疾患・障害について理解する

科目

専門基礎分野
[基礎医学] 医学総論/生理学/病理学/解剖学
[臨床医学] 耳鼻咽喉科学/内科学/小児科学/形成外科学/臨床神経学/ 精神医学/リハビリテーション医学/臨床歯科医学・口腔外科学
[音声・言語・聴覚医学] 呼吸発声発語系/聴覚系/神経系
[心理学] 認知・学習心理学/生涯発達心理学/臨床心理学/心理統計法
[音声・言語学] 言語発達学/言語学/音声学/音響学/聴覚心理学
専門分野
[言語聴覚障害総論] 言語聴覚障害学概論/言語聴覚障害診断学
[失語・高次脳機能障害学] I 失語症/II 高次脳機能障害学/III 評価
[言語発達障害学] I 概論/II 自閉症/III 知的障害/IV 学習障害/ V 脳性麻痺・小児嚥下/VI 検査・評価/VII 訓練
[発声発語・嚥下障害学] I 機能性構音障害/II 器質性構音障害/ III ディサースリア/V 摂食・嚥下障害
[聴覚障害学] I 概論/II 成人聴覚障害/III 小児聴覚障害/V 補聴器
[その他]言語聴覚障害学演習

実習

実習Ⅰ(施設実習)
医療・福祉施設での介護や、リハビリテーション場面の見学などを行い、対象者との接し方を学びます。
【実習期間】5日間
実習Ⅱ(見学実習)
言語聴覚士の業務の実際を学びます。
【実習期間】 5日間
実習Ⅲ(評価実習)
対象者の全体像ならびに生活機能と障害のとらえ方を学びます。
(対象者に対する言語聴覚療法評価、生活機能と障害の整理・治療計画の立案)
【実習期間】 15日間

2年次
国家試験に向けて専門分野を深める

学年目標

  • 対象者やその家族と真摯に向き合うことのできる
  • 自己の問題点に対し、改善に向けて努力することができる
  • 対象者に関する情報を取捨選択し、生活上の問題点とその原因について仮説を立てることができる
  • リハビリテーション専門職種の役割を理解し、情報を共有することで対象者の問題を幅広くとらえることができる

科目

専門基礎分野
[心理学]心理測定法
[社会福祉教育]社会保障制度・関係法規/ リハビリテーション概論(PT・OT概論含む)
[その他] 国家試験対策講座(基礎)
専門分野
[失語・高次脳機能障害学] IV 訓練/V ケーススタディー
[言語発達障害学] VIII ケーススタディー
[発声発語・嚥下障害学] IV ディサースリア/VI 摂食・嚥下障害/VII 音声障害/ VIII 吃音
[聴覚障害学] IV 小児聴覚障害/VI 人工内耳/VII 視覚聴覚二重障害
[その他] 国家試験対策講座(臨床)

実習

臨床実習
実際に対象者についての情報収集および評価をし、対象者に即した基本的な言語聴覚療法を学びます。
【実習期間】 12週間


全学年時間割

※サンプルです

1年次
9:00〜10:40 10:50〜12:30 13:20〜15:00 15:10~16:50
言語聴覚障害概論 失語・高次脳機能障害学Ⅰ 耳鼻咽喉科学
医学総論 呼吸発声発語系の構造・機能・病態 言語発達学
発声・発語嚥下障害学Ⅰ 音声学
言語学 形成外科学
内科学 失語・高次脳機能障害学Ⅱ 神経系の構造・機能・病態
小児科学 聴覚障害学Ⅰ

※月曜日~土曜日まで授業が入ります。

2年次
9:00〜10:40 10:50〜12:30 13:20〜15:00 15:10~16:50
失語・高次脳機能障害学Ⅳ 発声発語・嚥下障害学Ⅷ
発声発語・嚥下障害学Ⅵ 聴覚障害学Ⅳ 発声発語・嚥下障害学Ⅳ
国家試験対策講座
(基礎)
国家試験対策講座
(臨床)
心理測定法
聴覚障害学Ⅳ 失語・高次脳機能障害学Ⅴ
言語発達障害学Ⅷ 国家試験対策講座
(基礎)
国家試験対策講座
(臨床)
聴覚障害学Ⅷ 社会保障制度・関係法規

教員メッセージ

鈴木真生入学してきたばかりの学生は原石と同じです。在学中にいろいろなことを経験し、その石を磨いていきます。言語聴覚士に絶対なる!という気持ちが、2年間という時間の中で、学生個々の石を驚くほど輝かせることになります。 自分という石をどう輝かせていくか…一緒にチャレンジしてみませんか。
木村欣司感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう・・・対人援助職である言語聴覚士には必要不可欠な能力になります。
日常から家族・友人・恋人へ感情を素直に表現し、そして互いに理解し、『信頼』と『絆』を深める大切さを知りましょう。
西片 裕趣味はロッククライミング。垂直に切り立つ岩壁や、凍りつく厳冬の岩壁を攀じ登るの大好きです。
でも、結婚して、特に子どもができてからは、すっかりマイホームパパとなりました。
今は、ふたりの娘と一緒に遊びに出掛けるのが大好きになりました。
中塚 誠「主体的に臨む」という姿勢を養うために、ディスカッションしたり話し合った内容を発言したりする機会を授業内に設けていきます。
主体的に臨み、共に考える授業をしましょう。
山崎 暁「私たちに寄り添って欲しい」
コミュニケーションに障害を抱えた患者さまの願いです。言語聴覚士になるためには知識や技術だけでなく、患者さまの気持ちを支えることも大切です。ともに学び患者さまに必要とされる力を培いましょう。

就職情報

2017年度 就職実績
卒業後の活躍先 ───────────────
・病院(総合/リハビリテーション など)
・福祉センター(小児/成人分野)
・介護老人保健施設、特別養護老人ホーム
・在宅/デイケア施設 など
就職実績 ───────────────
【東京都】:あきる台病院 青梅三慶病院 小平あおぞら福祉センター  多摩リハビリテーション病院 東京都立北療育医療センター 羽村三慶病院 町田慶泉病院  有隣病院 陵北病院 緑風荘病院
【埼玉県】 埼玉医科大学国際医療センター 狭山神経内科病院 所沢中央病院  所沢リハビリテーション病院 中田病院
【神奈川県】 さがみリハビリテーション病院 新横浜リハビリテーション病院
【茨城県】 茨城リハビリテーション病院
【長野県】 桔梗ヶ原病院
【沖縄県】 沖縄リハビリテーションセンター病院


カテゴリー別就職

   

セラピストのある一日

08:00 出勤
09:00 病棟申し送り
入院患者
リハビリテーション開始
11:00 担当者会議
11:45 入院患者昼食の
リハビリテーション
12:45 昼食
13:45 訪問リハビリテーション
16:45 言語訓練室の清掃
17:00 記録
17:30 終了

人とのつながりを大切に思いながら学び、成長したい。

笹本 野々香

言語聴覚学科2年 農業協同組合での社会人経験を経て入学

Q.

タマリハの勉強の特徴を教えてください。


A.

グループワークが多いです。授業を聞くだけでなく、自分たちで考える勉強を通じて、現場で使える知識を2年という短期間で身つけます。

Q.

これからリハビリの専門家をめざす方へメッセージ


A.

勉強は楽ではありませんが、先生や周りの人たちのサポートが心強い学校です。知らなかったことを学ぶ楽しさもあります。言語聴覚士の仕事はイメージしづらいので、「ことばの教室」などを見学するのもいいと思います。

患者様、ご家族の気持ちに寄り添える療法士になりたい。

左近充 奈由子

言語聴覚学科2年 社会人経験を経て入学

Q.

多摩リハビリテーション学院の勉強以外の特徴を
教えてください。


A.

周囲に自然が多いところが特徴です。のどかで勉強に集中するには、よい環境だと思います。

Q.

これからリハビリの専門家をめざす方へ
メッセージをお願いします。


A.

日々の勉強は大変で時間が足りないと思うことが多いですが、「考える、話す、聴く、食べる」などについて深く学べるのが面白いです。こうした知識を臨床で生かすことができる点が、言語聴覚士のやりがいの一つだと感じます。